5月3日(日)   恩返しのテーマソング、KREVAが担当しました。番長、ごちそうさまでした!!


 幕間映像「犬と未亡人」の後編が「切ないからこそ、嬉しい」を表し、間髪入れずにボディブロウ喰らったような腹にクる低音が流れます。
 ディス・イズ・KREVA!! 甘い歓声と共に、スタンドが跳ね上がり、みんな腰をフリフリ、ウェルカムKREVAしてます。

kreva1.jpg

 「みんな今日がスペシャルな日になるように、常にアグレッシヴ!」というMCと共に、“アグレッシ部”。もし、毎日の放課後にKREVAがいたら、この国って目に見えて全然よくなっていくんだろうな?と思うような潔い姿勢。

 そんなKREVAがリスペクトを表しながら紹介したのが、草野マサムネ。お客さんみんな、「そうこなくっちゃ!」と最高のプレゼントを最高の笑顔で受け取ってます。KREAVAお前、やっぱそこまで楽しませてくれるんだもんな、モテるのわかるよ!
「会いたいと思うその時には あなたがいない 今すぐ会いには行けないから あなたがくればいいのに」
 右手でリズムをはかりながら、目をつぶって歌うマサムネ。右手をクルクル回し、マサムネを誇りに感じるKREVAはお客さんをじっと見詰めながら優しく煽ります。ステージ中央で2人が交錯し、「今日は皆様にありがとうを言う機会です。もう1曲、みんなに届けます」と奇跡のコラボレートがさらに続きます。その名は“生まれてきてありがとう”。

 本質を歌にするのは、アーティストとしては相当の覚悟がいります。
 本当の意味で奥の人に強い影響を及ぼすからです。
 でもポップはそこから逃げては手にすることができない、最高に厄介な宝物です。
 KREVAもマサムネも、その「本質を楽しく切なく唱える」ことによって、時を越える名曲を、名アクトを生み出し続けてます。
 そんな2人がここに介し、ハウスバンドの演奏に身を任せて『お前と俺』を歌う。あー、終わらないで欲しい、ここで出逢えた喜びを忘れたくない。だから終わって欲しくない、このコラボレート。いや、亀の恩返し。
「生まれてきてありがとう」と噛み締めるように唸ったKREVAの一声で、奇跡から僕らは目が覚めました。

「スペシャルな時間っていつまでも続いて欲しいよね。帰りたくない! じゃあ、帰らなきゃいいじゃん!!みたいなね(笑)。っていうわけじゃなく、もっとスペシャルにするべく、俺と亀田さんで新曲を作りました。亀田さん、凄い! ありがとうされなきゃいけない人なのに、ありがとうしている。普段は言えないから、ここで言います。亀田さん、ありがとう」と、最高の感謝をかました後、まだリリースも何も決まっていない新曲、その名も“恩返し”が始まりました。
 一万二千人からの最高の恩返し、「手拍子」も最高潮です。ストリングスの金原さんの手拍子なんて、昨日以上に力強く、あー、そうそう、手拍子が歌ちゃってるんだ!! 音楽家は自分の生命を前に差し出せば、それが音楽んなっちゃうんだなあ。すげーなあ。

「ほら、ステージは広いんだけど、気持ちは一つですよ。ストリングスの皆さんの手拍子見ましたか? これですよ! これが亀の恩返しってやつですよ!!」という、ストリングス隊を讃える、KREVAにしかできないカジュアルにして最高に丁寧なマナーを見せつけ、「歌もラップもジャンルじゃねえ。声を放つことに限界はないんだ」というヒップホップ根性も見せつけ、KREVAは汗びっしょりのお客さんからの感謝の拍手を浴びながらステージから去って行った。

 スペシャルな時間って一瞬だけじゃないんだってことを、この2日間のKREVAが教えてくれた。
 ありがとう。

@ 成功
A アグレッシ部
B くればいいのに(WITH 草野マサムネ)
C 生まれてきてありがとう(WITH 草野マサムネ)
D 恩返し
E あかさたなはまやらわをん

鹿野 淳(MUSICA
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。